fc2ブログ

はじめに

【内容について】
 このブログはGroupAsk様制作のフリーゲーム「CardWirth」のシナリオプレイ結果(以下、リプレイ)を小説風に書き記したものになります。
 ゲームのリプレイの文章化という都合上、シナリオ内容の情報公開及びネタバレが含まれております。あらかじめご了承ください。

【著作権について】
 ゲーム「CardWirth」本体の著作権はGroupAsk様にあります。
 当リプレイ内で紹介させていただいたシナリオ、及び作中にて登場する、各シナリオに関連するキャスト、スキル、アイテム、召喚獣の著作権は全て、それぞれのシナリオ作者様にあります。(シナリオ作者様の情報については該当リプレイの後書きのページにて記します)

 当リプレイ小説の文章は、全てフィクションです。作中に登場、もしくはプレイさせていただいたシナリオ内に存在する、実在する人名、地名、団体名とは、一切関係ございません。

 当ブログにおけるリプレイの文章の著作権はGM屋にあります。
 ゲームのリプレイという都合上、シナリオで使用された文章をそのまま利用、あるいは場合により文章、登場人物のセリフ、行動を改変しておりますが、いずれの場合も各シナリオ及び作者様の権利を侵害する意図はございません。

【GM屋への連絡について】
 リプレイの感想、ブログに対する意見、要望等、GM屋に対する連絡は、お手数ですがブログのWeb拍手やコメント欄、及びGM屋のTwitterにお願いします。
スポンサーサイト



更新履歴

【2019年】
2019/08/05…PC1・ジョナサン
       PC2・エリオット
       PC3・ナオミ
       PC4・ガルディス
       PC5・ローズマリー
       PC6・エリカ
       その名はワースハンターズ
2019/08/13…ゴブリンの洞窟後書き
2019/09/15…家宝の鎧後書き
       各リプレイ下部のリンク表記を調整

【2020年】
2020/01/07…Sad in Satin 1後書き
2020/01/18…Sad in Satin 1 一部の漢字表記を修正・統一

CardWirth リプレイ小説 目次

PC1・ジョナサン
PC2・エリオット
PC3・ナオミ
PC4・ガルディス
PC5・ローズマリー
PC6・エリカ
その名はワースハンターズ

【レベル1】
ゴブリンの洞窟   後書き
家宝の鎧   後書き

【レベル2】
Sad in Satin ・ 1   後書き

話の時系列順の目次は→こちら

CardWirth リプレイ小説 時系列順目次

PC1・ジョナサン
PC2・エリオット
PC3・ナオミ
PC4・ガルディス
PC5・ローズマリー
PC6・エリカ
その名はワースハンターズ

ゴブリンの洞窟   後書き
家宝の鎧   後書き
Sad in Satin ・ 1   後書き

通常の目次は→こちら

リンク追加・不完全書庫(成瀬 悠 様)

ご無沙汰しております。GM屋です。

この頃、というか数年単位で更新できず申し訳ございませんでした。
一応地道には書いてはいますのでご容赦いただければと思います。

さて、そんなサボりがちなリプレイブログにリンクの申し出がありました。
成瀬悠(なるせ ゆう)様の

不完全書庫

でございます。

メインとなるのはオリジナルの一次創作ですが、一方でカードワースのリプレイやイラストも扱っております。
カードワースの方は「無音の楽団」及び「銀鈴檻」の活躍、特に無音の楽団のカクヤさんとサレトナさんの恋愛模様が多めですかね?

そんな成瀬さんからは即興でローズマリーを描いていただいちゃいました!
ローズマリー@wing_order-001

素敵なイラストと文章が満載の「不完全書庫」を、よろしくお願いいたします!

当ブログのリプレイにおける文章について

 ゲームのリプレイを小説風に書きブログに投稿する、という都合上、文章表現はもとより気を付けなければならないのは「改行」だったりするんですね。

 縦書き横書きに限らず、書籍の場合は原則行間は詰められています。大規模な場面転換等で間に記号を入れたり、あるいはページを改めたりすることはありますが、ナレーション等の「地の文」及び登場人物の「セリフ」は次の行に連続して書かれているものです。文字がガチガチに詰まっており、まあはっきり言って「読みづらい・読みにくい」のですが、それが小説というものですし、小説を求めて本を買われる方は、正直そんなことは気になさってないと思うんですね。

 ところがこれが「ネット」だと話が変わります。ブログという形式に限らず、ネット上で文章を公開する場合、書籍の小説と同じように書いてしまうと途端に「読めない!」と大バッシングが始まります。それはもう「読めないから読む価値は無い! だから読まない!」というレベルにまで発展します。内容よりも先に読みやすいかどうかで判断されてしまい、どんな内容であっても読みにくければそれまで、なんですね。書籍だとこうはならないのに。

 小説なんてものは原則読みにくいものなんだから、そんなもの気にするな。読みにくいかどうかの前にまず内容を読めよ! と言いたいところではありますが、まあ正直なところ、その気持ちはわかります。書籍の場合は行間が詰められてる、と言いましたが、実はよく見ると全部の行において微妙な「すき間」があるんですね。ネットだとこの「すき間」がほぼありません。だから書籍の場合は数多くの改行を入れずとも難なく読めますし、ネットの場合はある程度改行を入れまくらないと、文字から圧迫感を覚えてしまうんです。

 その都合上、私のリプレイにおいてはかなり多くの改行を入れております。まず読みやすくしないとどうしても読んでいただけないもので……。



(例『PC1・ジョナサン』より)
・執筆時の原文
 目的の高さになるまでロープを掴む手を調整し、丁度いいところで大きく体を揺らす。前に、後ろに、また前に、また後ろに。振り子のように自身を揺れ動かし、勢いをつける。それなりに速度が付けば、後は然るべきタイミングで手を離せばいい。そうして宙を舞い、部屋の中へ自らを飛び込ませる。自身の考えた女性に対する最高のモーニングコールだ。
「カ~レ~ンちゃ~ん――」
 部屋の住人に声をかける。大声ではないので実際は中にまで声は届かない。だがそれでいい。この後が重要なのだ。
「あっさ、でっす――よ~!」
 振り子運動で勢いのついたロープから手を離し、朝の挨拶を叫びながらそのまま自らを矢のごとく一直線に飛ばす。頭を前に、足を後ろに伸ばしてスマートに、それでいて素早く部屋の中へと突撃する。行ける。長年培った経験と勘は今日も冴え渡っている。窓枠に接触することなく綺麗に飛び込める!
 そう、思っていた。
 男の顔が壁と部屋の境界線を越えた瞬間、中の様子が一変した。熟睡していたはずの女性が突然飛び起き、掛け布の中から黒光りする板――丸く加工された本体の一部から取っ手がのび、全体が鉄でできたフライパンと呼ばれる調理器具を取り出したかと思うと、それを両手に構え大きく振りかぶり、高速でやってきた闖入者に向かって横薙ぎに振り抜いたのだ。

↓        ↓        ↓

・ブログ用に編集
 目的の高さになるまでロープを掴む手を調整し、丁度いいところで大きく体を揺らす。
 前に、後ろに、また前に、また後ろに。
 振り子のように自身を揺れ動かし、勢いをつける。
 それなりに速度が付けば、後は然るべきタイミングで手を離せばいい。
 そうして宙を舞い、部屋の中へ自らを飛び込ませる。
 自身の考えた女性に対する最高のモーニングコールだ。

「カ~レ~ンちゃ~ん――」

 部屋の住人に声をかける。
 大声ではないので実際は中にまで声は届かない。
 だがそれでいい。
 この後が重要なのだ。

「あっさ、でっす――よ~!」

 振り子運動で勢いのついたロープから手を離し、朝の挨拶を叫びながらそのまま自らを矢のごとく一直線に飛ばす。
 頭を前に、足を後ろに伸ばしてスマートに、それでいて素早く部屋の中へと突撃する。
 行ける。
 長年培った経験と勘は今日も冴え渡っている。
 窓枠に接触することなく綺麗に飛び込める!

 そう、思っていた。

 男の顔が壁と部屋の境界線を越えた瞬間、中の様子が一変した。
 熟睡していたはずの女性が突然飛び起き、掛け布の中から黒光りする板――丸く加工された本体の一部から取っ手がのび、全体が鉄でできたフライパンと呼ばれる調理器具を取り出したかと思うと、それを両手に構え大きく振りかぶり、高速でやってきた闖入者に向かって横薙ぎに振り抜いたのだ。



「読みやすさ」ということを考えればどちらがいいのか一目瞭然だと思います。
 本来の「小説」のように詰め詰めで書かれている方がいいという方には申し訳ないのですが、「ネット小説」という形式の都合上、ものすごい数の改行にはできれば目をつぶっていただければと思います。
 その代わり、今回のようなリプレイとは違う文章の場合は、改行少なめの詰め詰め文章で書かせていただければと。あくまでも読んでほしいのはリプレイの方ですしw

全記事表示リンク

本文内検索

来訪冒険者数

プロフィール

GM屋

Author:GM屋
しがないカードワースのリプレイ書き。とある所でTRPGのプレイヤー&ゲームマスターもしております。
画像が無いのはご勘弁。

当ブログは基本リンクフリーですが、事後報告でも構いませんのでできれば一報いただければと思います。またその際は相互リンクもさせていただければと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR